精密金属部品加工

精密金属部品加工で60年の実績・経験を持つ株式会社テラダの加工技術をご紹介します。

旋盤加工

  • ああああ
  • ああああ
  • ああああ

超高真空装置に対応する高品質・高精度の加工を得意とします。
汎用旋盤はインチ・ミリの各2台があり、手砥ぎの刃物やアリ溝も対応可能です。 NC旋盤はオークマのLB3000を筆頭に3台あり、大日金属工業製のフラット型NC旋盤は530φ×1500ミリまで対応できます。

超薄物旋盤加工

  • ああああ
  • ああああ
  • ああああ

超高真空装置や極低温冷凍機で使用される薄物旋盤加工が得意です。
t0.16といった超薄物加工はもちろんですが、超薄物旋盤加工でも幾何公差に対応できます。
薄物旋盤加工の技術は機械よりも刃物や治具が重要とされています。
高品質な技術には60年の歴史ある技術の伝承が生かされています。

マシニング加工

  • ああああ
  • ああああ
  • ああああ

DMG森精機製マシニングを2台、ブラザー製1台、山崎技研製1台を所持し、単品~500ロット程度まで幅広く対応します。
FUSION360を使用し2.5次元加工まで対応します。
旋盤同様に薄物のフランジ加工もマシニングも同様に得意とします。

溶接技術

  • ああああ
  • ああああ
  • ああああ

ロウ付けやTig溶接を得意とし超高真空装置に対応できるリークテストも可能です。
超薄物の溶接も得意とし旋盤・マシニング加工と同様に得意とする加工です。

検査・品質管理

  • ああああ
  • ああああ
  • ああああ

専属の検査員が全数検査を画像測定器を用いて対応しております。
各ネジもすべてネジゲージにて検査しており高品質を担保致します。
全ての製品の検査データを管理もしております。