テラダの加工技術

汎用旋盤を扱える職人は少なくなりNC機 ( 自動数値制御 ) がメインとなる昨今ですが、テラダでは若手社員に汎用旋盤の技術継承を行っております。

「汎用旋盤だから」できる加工。

単品物の加工速度が違う

NC機では油圧チャックが主となり、油圧チャックではチャッキング幅の制限が大きくある為に爪の交換等段取り変えが大きく、時間ロスに繋がります。
汎用旋盤ではスクロールチャックが主となり、多少の大きい小さいをひとまとめにチャッキングできるため、加工する際の段取り作業が飛躍的に早いです。
また刃物も手研ぎ刃物を多く使用しますが職人の技術によりアルミでは外径20Φを1度に切削できることも可能とし加工速度の向上が見られます。
対してNC機では市販のチップの形状の制限がある為に外径20Φ加工することは皆目不可能です。

汎用旋盤のメリット 株式会社テラダの加工技術
ねじ切りの切り直しや特殊加工の加工速度が違う

単純なねじ切りではNC機が回転を上げることができるために加工時間・美観は優れています。
しかし、機械から降りたワークのネジの切り直しとなるとネジ山を合わせる工程がNC機では難解の為、簡単ではできません。
汎用旋盤では手の感覚がダイレクトに機械から伝わる為にネジの切り直しは容易く対応可能となります。
また、アリ溝といった特殊な加工の際でも29度刃物を傾けOリング溝底まで手の感覚で刃物を入れることができるためにこれもまた容易に加工できます。

NC機では29度傾けるということがとても時間が掛かり、また刃物の成形をしなければ難しい為にNC機でアリ溝を入れることは優れた職人でないと簡単ではありません。

汎用旋盤のメリット アリ溝加工 株式会社テラダの加工技術
薄物旋盤加工で発揮する高精度加工

薄物のフランジなど度々頭を悩ます平面度や並行度と言った幾何公差でも汎用旋盤は優れています。
NC機では油圧チャックですのでどうしても力が入りすぎる為にワークを歪ませることが多くあります。
その点、手締めチャックの汎用旋盤ではトルク管理が容易にでき、また手研ぎ刃物も使用し極限に切れる状態の刃物で加工することによってワークへのストレスを軽減することができます。
その為、ワークの歪を抑えることができ汎用旋盤での薄物旋盤加工の大きな利点となります。

汎用旋盤のメリット t1 薄物・薄肉加工 パイプ 株式会社テラダの加工技術
加工のお見積り·ご相談など
お気軽にお問い合わせください